読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<中学・高校数学の手引き> 〜クイズやパズルも紹介中〜

中学・高校数学を分かりやすく伝えていきます。

中1 6章 空間図形⑤ ~問題を解いてみよう~

こんにちは!今日は空間図形①〜④で学んだことを使って、問題を解いてみましょう!

 

[1]

f:id:naokorone:20151026190629j:plain

 

[2]

f:id:naokorone:20151026190655j:plain

 

[3]

 

f:id:naokorone:20151026190719j:plain

 

 

 

 

~解答~

 

[1]

ア.三角柱

イ.四角柱(直方体)

ウ.四角錘

エ.円錐

オ.円柱

 

この問題がわからなかった方は、空間図形①見直しましょう!

 

[2]

 

(1)三角形

 

(2)円柱

 

 

(1)

底面積は25×12=300

高さは18なので

体積=底面積×高さ=300×18=5400になります。

 

(2)

底面積は円なので

半径×半径×πとなり

3×3×π=9πです。

高さは4なので

体積=底面積×高さ=9π×4=36πとなります。

 

 

 

 

 [3]

 


f:id:naokorone:20151101181903j:plain



(1)

(体積)

 

底面は三角柱なので、底面積は4×3× 1/2=6㎠

高さは2㎝なので、体積は

6×2=12㎤


(表面積)


三角柱は長方形3つと、三角形2つで出来ています。表面積はそれらの面積を足し合わせることで求めることができます。


3×4×1/2=6㎠

これと同じ三角形がもう1つあるので、

三角形2つの面積は6×2で12㎤となります。


長方形は3つとも形が違うので、それぞれ個別に求めていきます。

3×2+4×2+5×2=24㎠


よって三角柱の表面積は

12+24で36㎠となります。


(2)

三角錐なので、体積は円錐の1/3になることがポイントです。


体積は4×4×π×3×1/3=16π



最後まで読んでいただきありがとうございます!

問題は教科書だったり、ドリルで数をこなして、慣れましょう!

分からなくなったら、また是非前の記事を見直してみてください〜