読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<中学・高校数学の手引き> 〜クイズやパズルも紹介中〜

中学・高校数学を分かりやすく伝えていきます。

中1 1章 式と計算➁〜数直線〜 〜正の数・負の数の足し算、引き算〜

 

こんちには!

 今日は前回に引き続き、もう少し正の数・負の数について理解を深めていきましょう~

 

f:id:naokorone:20151106133646j:plain

 

 

 

数直線

 

f:id:naokorone:20151108173734j:plain

 

 


数直線を使うと数の大小関係を容易に確認することができます。

 

0を基準にして右側が正(プラス,+)、左側が負(マイナス,-)の領域となります。

 

+と-は数直線上を進む方向を表します。
数を数える際のスタート地点は0です。

 

そこから右へ進むことを+で表し、
左へ進むことを-で表します。

+4は0から右へ4進んだ数で、
-2は0から左へ2進んだ数です。

 

 

 

 

➁正の数・負の数の足し算、引き算

 

これから正の数・負の数の足し算、引き算、掛け算、割り算について説明していきます。

 

この章何度か読んで理解したら、ひたすら類似の計算問題を解いて慣れていく必要があります。

考え方を理解した上で問題を解いていくと、最初は時間がかかってむずかしいかもしれませんが、すぐに当たり前のようにできるようになります!!

 

 


~足し算・引き算~

まずは問題を実際にみてみましょう。
(問)
(1)
3+2

(2)
-3+4

 

(3)

1-4

(4)

-2-(-5)

 

(1)

これはいままでやってた足し算とおんなじですね!

すぐできると思うのですが、

ここではあえて数直線で考えてみましょう~

 

(2),(3)も数直線で考えます。

 

 

f:id:naokorone:20151108173745j:plain

 

 

f:id:naokorone:20151108173753j:plain

 

f:id:naokorone:20151108173802j:plain

正の数・負の数の計算は、慣れるまではこのような数直線を書くと

分かりやすいと思います。

 

 

(4)
また(4)のように引き算で( )が出てくることがあるのですが、この( )の外し方は掛け算と同じ考え方なので、次の掛け算のところで一緒に説明したいと思います。



 

今回も最後までよんでいただきありがとうございます!