読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<中学・高校数学の手引き> 〜クイズやパズルも紹介中〜

中学・高校数学を分かりやすく伝えていきます。

政治家の演説を聞いて、考え方が変わった話

 

こんにちは!今日は数学でもクイズでもなく、久しぶりに雑談をしたいと思います。

 

タイトル通りなのですが、ある政治家の街頭演説を聞いてきました。

政治が特別好きなわけではないので、自分からききにいったのではないのですが…

 

 

というのも今日出かける時、私の最寄り駅である近鉄上本町の駅前に雨なのにたくさんの人が…!

しかも何やらばっちりスーツを着たSPのような人も数人ちらほら…

何事かと思い視線の先を見てみると、維新の会の選挙カーが止まっていたのです!!

 

 

しかも中にはなんと橋下徹さんの姿が…!!

 

MC(果たしてMCといっていいのかどうわかりませんが、他に語彙が出てきませんでした…笑)の方がいうには、

これから橋本氏の演説が始まるとのこと。

 

「時間も少しあるし、何かの機会だ」と思い初めてちゃんと演説というものを聞いてみようと思いました。

 

という訳でここからは演説の内容や感じたことを書いていきたいとおもいます。

 

 

 

~橋本氏の演説を聞いて~

 

 f:id:naokorone:20151118222533j:plain

 (演説の様子)

 

 

 

 

●政治家ってすごいんだ!

 

まず強く感じたことは、話に驚く程説得力があったことです。

なんというか心に直接響くような感じでした。

話してる内容がすーっと入ってくるのです。

 

選挙で何度も当選したり、芸能界で有名になったり、強い影響力を持つ人は

おそらくこのようなオーラというか、えも言えぬ力を持っていのだろうなぁと感じました。

(漫画ワンピースの魚人島編のオトヒメというキャラの描写でそんなのがあった気がしてそれとも少しリンクしたりもしました。)

 f:id:naokorone:20151118222703j:plain

 

 

ほんの10分弱の演説だったのですが、通る人はほぼ皆足を止めて、

終わったあとには大きな拍手を送っていました。

 

私自身元々、そんなに維新の政策等も詳しくなく支持してるわけでもなかったのですが、演説をきいた後は橋下さんのことが少し好きになっていました。

 

また全然偉そうでないどころか、物腰も低かったところも好感がもてました。

もちろん人前でそんな態度をとるわけないのは分かっているのですが、メディアにとりあげられてる橋本氏は喧嘩腰のことも少なくなかったからです。

 

 

さらに

演説とか、国会等を見てていつも嫌になるのが、 対立政党の批判や悪口…

果ては問題を起こした議員をこれでもかと批判したりしているからなのですが、(もっと他に話し合うべき大事なことはあるだろうと思うのです)

 

橋下氏は他の政党を悪く言ったり、下げるようなことはほとんど言ってなかったところにも好感を持てました。 

 

 

 

 

 

~演説の内容~

 

それでは

以下演説の内容、マニフェストを覚えている範囲でかいつまんで書いていきたいと思います。

 

 

①税金改革

 

税金の無駄遣いをなくそうということです。

橋下氏が市長になるまでに、ろくに人も集まらず閉館になった施設や博物館がたくさんあったそうです。もちろん全て税金で建てられたものです。

 

その無駄になった額が総計で1兆円だとか。

そして、この借金を大阪市民が50年かけて返していかなければならないそうです。

 

橋下氏は、これに関して今から産まれてくる赤ちゃんや子どもが可哀想だと言っておりました。

たしかに赤ちゃんには何の責任もないですもんね…

 

 

 

➁教育改革

 

橋下氏が市長になる前までは、実は大阪府の子どもの学力テストの成績は何と47都道府県の中で47位だったそうです。

つまりドベだったとのこと。

 

大阪には名門校がたくさんあり、むしろ上位と思っていたので、これは驚きでした。

 

橋下氏が言うには教育にかけるお金があまりにも少なかったことが原因だったみたいです。

実状としては、図書館に本がないような学校もたくさんあったそうです。

 

これを変えるために、橋下氏が市長に就任した8年間で毎年教育にかける額を年毎にほぼ倍、倍にしていったみたいです。

具体な施策としてはタブレットなどの電子機器の導入や、もちろん図書館には本をおくことなどなど(忘れてしまいました)

 

そして8年後には大阪府の子どもの学力は47都道府県の平均にまで上がったそうです。

 

橋下氏が最後に「教育にはお金をかけて、ちゃんと面倒を見れば子どもはしっかりそれに応えてくれるんです」と言ったのが特に印象に残っています。

 

 

 

あとは

維新は改革をする党なので、今まで通りの安定を望む人(必要以上に高い給料をもらってる政治家や、天下りをする政治家)からは反発される

・メディアは橋下氏のことが嫌い

といったような話をされていたと思います。

 

 

 

 

(最後に)

 

この記事では維新のことや橋下氏のことばかり良く書きましたが、それはたまたま今日維新の演説を聞いたからであって、

他の党の代表や候補者が演説していたら、それに関しての記事を書いていたかもしれません。

 

ですので、この記事を読んだ人に維新の会に投票して欲しいとかそういうことではないことは理解しておいていただきたいです。

(まぁこのブログにそんな強い影響力があるとも思いませんが…笑)

 

 

長々とこんな拙い文章を

最後まで読んでいただきありがとうございました。